ローカル環境での検証

Contractの作成には BrowserSolidity を使用すると、非常に簡単にContractの作成と検証ができます。

Create Contract

BrowserSolidityでの検証

  1. Contractの記述

    下記のように"HelloWorld"Contractを実装します。(Solidityのバージョンは適宜変更してください。)

    contract HelloWorld {
    
       string private greeting;
    
       function getGreeting() constant returns(string) {
           return greeting;
       }
    
       function setGreeting(string _greeting) {
           greeting = _greeting;
       }
    }
    
  2. Contractのインスタンス化(デプロイ)

    一般的なオブジェクト指向言語と同じ原理で、このコントラクトをcreateすると、インスタンスが生成され、インスタンスにアドレスが付与されます。 (正確にはJavaScriptVM上の仮想Ethereumネットワークにデプロイされ、アドレスが割り振られます。) 画面右の「Create」を押下し、デプロイを行います。

    新規作成

    コントラクトがデプロイされアドレス

    0x692a70d2e424a56d2c6c27aa97d1a86395877b3a
    

    が割り振られたことが分かります。その際に使用されたgasなどもその場で表示されます。

    作成完了

  3. インスタンスに値をセット

    生成されたコントラクトインスタンスに値をセットします。 'setGreeting' の入力欄に、

    "Hello World"
    

    を入力し、'setGreeting'を押下します。

    Hello World

  4. インスタンスから値をゲット

    コントラクトインスタンスから値を取得します。 'getGreeting' を押下します。

    Get Hello World

    1. string: Hello World
    

    となり、"Hello World"が設定されていることが分かります。

    このようにJavaScriptのVM上でContractのデプロイと操作が確認できます。

results matching ""

    No results matching ""