基本設定

事前準備

導入 の章の設定が完了していない場合は、導入で環境の準備を先に実施してください。

DeployアカウントへのEther補充

アカウント発行時に共有された管理者画面からDeployアカウントに十分なEtherを送ってください。 Etherの補充方法はこちらを参照ください。

CNSコントラクトの登録

DeployアカウントでデプロイするCNSコントラクトが、あなたのスマートコントラクトアプリケーションのベースになります。

  1. デプロイ

    https://github.com/zcom-cloud-blockchain/solidity/blob/master/contracts/ContractNameService.sol

    のソースを変更せずに、Ethereumの環境にデプロイし、CNSのアドレスを控えておきます。

    デプロイ方法が不明な場合は基本操作の章を参照してください。

    • 注意点

      ソースを変更して挙動を変えることも可能ですが、APIサーバからCNSの呼出には固定のABIを使用しています。

      ABIレベルで変更が発生するとAPIサーバからのCNS呼出がエラーになるため推奨しません。

  2. CNSアドレスの登録

    デプロイしただけでは、CNSとプロバイダーアカウントと紐付かないため、登録したCNSのアドレスを管理画面から登録します。

    管理画面はアカウント発行通知書を確認してください。

    1. 管理画面メニュ

      Admin Console

      [CNS Registration] を選択します。

    2. CNSアドレスの登録

      Register CNS

      先ほどデプロイしたCNSのアドレスを入力して [REGISTER] を押下します。

これでスマートコントラクトアプリケーションを作成する環境が整いました。

次に具体的にスマートコントラクトアプリケーションの中核となるコントラクトを作成する手順を見ていきます。

results matching ""

    No results matching ""