オープンソースライセンス

  • 概要

    オープンソースプロダクト群の利用ライセンスは下記のように定めます。

    犯罪行為への利用を禁じているほかは、MITLicenseと同様の利用が可能です。

  • ライセンス内容

    本ライセンス規約(以下「本規約」といいます。)には、オープンソースをGMOインターネット株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する条件について定めています。
    本ライセンス(次条で定めます。)は、本規約の内容を十分に理解し、同意していただければどなたでもご利用可能です。

    • 第1条(定義)
      1. 「本ライセンス」とは、当社が本規約で定める使用、複製及び配布するオープンソースを意味します。
      2. 「ライセンサー」とは、当社を意味します。
      3. 「ライセンシー」とは、本ライセンスを使用している個人または法人を意味します。
      4. 「ソース」とは、本ライセンスを構成するソフトウェア及びアプリケーションのソースコード、ドキュメントソース、及び構成されたファイル等を含みますが、これに限定しません。
      5. 「オブジェクト」とは、コンパイルされたオブジェクトコード、生成されたドキュメント、および他のメディアタイプへの変換(機械的変換または変換から生じる形式)を意味します。
      6. 「派生的著作物」とは、ライセンスに基づいて制作された、またはライセンスから派生したソース形式またはオブジェクト形式のエンティティを意味します。
    • 第2条(著作権の利用について)
      1. ライセンシーは本規約の全ての条項に承諾した上で、ソース及びオブジェクトをダウンロードするものとします。当社は、ライセンシーがソース及びオブジェクトをダウンロードしたことにより、本規約に同意したものとします。

      2. ライセンシーは、本規約の各条件に従って、非独占的に本ライセンスの複製、派生著作物の作製、公開、公表、領布することができます。

      3. ライセンシーは、本規約の各条件に従って、派生著作物の再配布をすることができます。

    • 第3条(著作権表示)

      ライセンシーは、当社が指定するライセンスの著作権表示(Copyright (C) GMO Internet,Inc.)とライセンスの全文をソースの中、またはソースに付帯したライセンス表示用の別ファイルに必ず記載してください。

    • 第4条(免責)

      当社はライセンス、ソース、オブジェクトの全部または一部の利用について明示的、黙示的にかかわらず、いかなる保証(特許侵害、いかなる不法行為、データのバックアップ、動作保証、直接的、間接的、偶発的、逸失利益、コンピューターの故障、誤作動、データの消去等を含むがこれに限りません。)もいたしません。

    • 第5条(禁止事項)

      当社は、ライセンシーが、ライセンス、ソース、オブジェクトの全部または一部を用いて犯罪行為を行うことを容認しません。

    • 第6条(規約の変更)

      当社は、ライセンシーの事前の許可を得ることなく、当社の判断でいつでも本規約を変更できるものとします。変更後の規約は、当社のウェブサイトにて公表することにより、有効となります。

    • 第7条(分離可能性)

      本規約のいずれかの条項またはその一部が無効または執行不能と判断された場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本規約の残りの部分は引き続き有効とします。

results matching ""

    No results matching ""