アクセスコントロール問題

課題

Ethereumに登録したデータは基本的には全て公開されます。

透明性の観点からは問題ないのですが、公開に適さないデータの保全では、この点は問題となります。

ブロックチェーンの事実証明能力を活用して、『確かにその時点にそのデータが存在したことを証明』しながら、データの内容については必要な人にしか公開しない仕組みが必要となります。

対応方法 - アクセスコントロール問題

results matching ""

    No results matching ""