エンドユーザ問題

Ethereum にデータを書き込むには、その処理を行うユーザのサインと共に、それにかかるコストをGASとして支払います。

GASは、所持Etherから支払われるので、ユーザがEtherを持っている必要がありますが、一般的に仮想通貨を保有しているユーザはほとんど存在しないのが実情です。

その問題について、この章で解説します。

課題

Ethereum上にスマートコントラクトアプリケーションを構築してエンドユーザに利用してもらう場合、次のような問題があります。

  • Node化の問題

    スマートコントラクトアプリケーション上で何かを書込み場合にエンドユーザの端末がEthereumNodeになっていないといけない。

    Ethereumノードになるには過去の全ブロックの保有が必要となる。

  • Ether保有の問題

    スマートコントラクトアプリケーション上で何かを書込みたい場合にEtherを保有していないといけない。

    現実問題として世界のほとんどの人が仮想通貨を保有していない。

これに対する解決策を提示します。

対応方法 - エンドユーザ問題

results matching ""

    No results matching ""