開発内容確認

基本フローの確認

本サービスを利用してのスマートコントラクトアプリケーションの基本的な処理フローは下記のようになります。

基本的な処理フロー

  1. エンドユーザ自身のサイン済み命令の送付 [1]
  2. APIサーバがCNSにコントラクトアドレス問い合わせ [1.1]
  3. サービスプロバイダー提供のコントラクト呼出 [1.2]

サービスプロバイダが開発する箇所

上記の青字の箇所については、本サービスが提供するため、スマートコントラクトアプリケーションとして開発が必要な箇所は、下記になります。

  • エンドユーザの画面や呼出ロジック
  • Ethereum上のコントラクト

results matching ""

    No results matching ""